百市(ひゃくいち)とは

about Hyakuichi

百市ブランド

百市とは、自らを「熱血百姓」と呼ぶ福岡博義代表が
しまねの西条柿の「百果物語」を目指し、
立ち上げたオリジナルブランドです。

樹齢350年以上の柿の木を含む約1ヘクタールの土地で西条柿を栽培し、老舗高級果物専門店、東京『千疋屋総本店』御用達の直売所です。
日本全国に、そして海外へと『干し柿』を通じて、松江の文化歴史を伝えています。

「百市」の由来

「百市」というブランド名は代表福岡の先祖が百一歳を超える長寿で、屋号が「ひゃくいち」だったことから、「百一」の「一」を「市」に変え、百を超える西条柿からできる商品で、お客様に沢山の喜びを届けられるようにという想いをこめて付けたブランド名です。

熱血百姓は
まつえ西条柿の
百果物語をめざす。

◎柿の木は全部性格が異なる
◎特徴を活かすことで「百果物語」が誕生する
◎目標は、100種類の加工品をつくること

百果物語イラスト

1本の柿の木から100の加工品を、
西条柿にかける夢。

「挑戦は失敗を恐れず、目標はどこまでも高く」

島根県松江市特産品の西条柿を干し柿にするだけでなく、摘果した果実や熟して落ちる柿、間引きした新梢も余すことなく利用する商品開発に取り組み、西条柿の加工品の可能性を広げます。

独自製法の高品質な百市の干し柿は東京の高級フルーツ店へ
そして今「百市の干し柿」は海外へと広がっています。

千疋屋イメージ

2003年から関東では老舗高級果物専門店『千疋屋総本店』に百市の干し柿を取り扱って頂いています。

百市の干し柿

海外出荷は、島根県などが2014年秋、米国人バイヤーらを招いて松江市内で開いた商談会がきっかけ。サンプルが現地バイヤーの高い評価を受け、2015年から商社を通じて米国北西部のシアトルとビーバートンのスーパーで販売することになった。2016年にはハワイへも出荷。

“熱血百姓” 福岡博義 プロフィール

「百市」の代表 福岡博義は昭和18年生まれ。
自らを熱血百姓と呼び、これからも自分の夢を追い続ける。
『年はとっても、いつまでも若い志』

略歴

○40歳
旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)時代に、将来のビジョン作りに入る
○平成元年~10年(45歳~55歳)
独自の「発酵干し柿」作りに明日が見える
○平成19年(64歳)
柿酢作りに挑戦
○平成24年(69歳)
人工熟柿作り(県立大学赤浦教授との共同で開発、特許出願)
○平成25年(70歳)
柿サイダー、柿ジュース
○平成27年(72歳)
11月17日のNHKの情報番組「あさイチ」で百市が全国紹介される

わたしの言葉

始尾終頭(しびしゅうとう)
マラソンで例えるならば、スタートはビリでもゴールはトップで!

挑戦するということ「もんだ節」にならない目標は高く無限

わたしの目標

日本一の干し柿をつくる

将来のビジョン

○百市の干し柿(発酵熟成干し柿)の普及とグループ化
○後継者の育成
○研修施設「百市ラボ」の活用と充実
○新商品開発
○My干し柿、My柿酢作り体験(平成29年1月より実施します)

今後の展開として、ヨーロッパ特にフランスのワインに干し柿が合うと思うので、増産も考えたい。
また、台湾からの引き合いの話も進めたいと考えている。


「百市」直売所へのアクセス

島根県松江市東出雲町、国道9号線をはずれ田舎道へと進むと
古い学校のような百市ラボが見えてきます。

交通アクセス

■飛行機をご利用の場合
出雲空港から車(レンタカー)で約30分(山陰自動車道経由、東出雲インターから国道9号線へ)
米子空港から車(レンタカー)で約340分程度(べた踏み坂~八束町(大根島)経由国道9号線へ)
■足立美術館から
車(レンタカー)で15分程度


PAGE TOP